新卒の就活を応援してくれるサービスを利用しましょう

新卒専用の求人情報ってあるの?

東京新卒応援ハローワーク

近年、学生の就職内定が出される時期が前倒しになりつつありますね。
そのせいか、空前の売り手市場と言われる中、内定が一つも取れないという学生の姿も見られるようになりました。
なぜでしょうか?
理由のひとつに、「売り手市場だから大丈夫」という社会背景から来る変な安心感と油断があります。
就活を行う学生の数と企業が求める採用予定人数から見ると、圧倒的に学生の数の方が少ないために売り手市場と呼ばれる現象になっているわけですが、必ずしも自分の希望する企業に楽に入れるかというとそうとは限らない場合が多いです。
しっかり自分のやりたい事を見つけて、自己分析やPRを練って就活に取り組む学生もいれば、6月から採用面接が始まるから3月くらいから準備を始めれば間に合うだろうとタカをくくっていて結局準備にあまり時間をかけられずに就職活動に突入する学生もいます。
有名企業ばかり受けてしまい、その結果内定が一つも取れなかったという学生も珍しくはありません。
いつの時代でも、有名な大企業は人気があり、そのような会社に採用される為には激戦を勝ち抜かなくてはなりません。
企業としても、学生の数が減っている中でいかにして優秀な人材を確保するかという事は課題であり、年々募集の時期や内定を出す時期が早まっていると言われています。
少しでも早く内定を出して、優秀な人材が他に流れるのを防ぎたいという意図かから、以前のように長い期間かけて採用活動を行わなくなってきました。
その点では、むしろ以前に比べて人気企業は狭き門になってきていると言えるかもしれません。
一方で、自分のやりたい事を見つけ、地方や中小企業にアプローチしている学生も増えてきました。
田舎ののんびりした生活や農業、漁業に魅力を感じて、卒業後は地方へ就職の場を求める学生も増えています。
自分がどのような仕事をしたいか明確なビジョンを持つことが就活成功への第一歩と言えますね。

TOPへ戻る