いつの時代も厳しい就職活動

ハローワークの基本的な利用方法

ハローワークに行かれたことはありますか?
ハローワークは厚生労働省が管理する職業相談サービス機関です。
お仕事を探している方や、従業員を募集している企業に対して支援をしてくれますが、どのように利用したら良いでしょうか。
まず、お仕事を探している方は、最寄りのハローワークに行って求職申し込みを行い、申込所に必要情報を記入し、情報を登録するところから始まります。
忙しい方は、登録に必要な情報をインターネットで登録することもできますが、最終的にはハローワークにての手続きが必要になります。
求職申込所には、自分の取得している資格や過去の就業状況、自分が希望する職業や労働可能な曜日、賃金の希望額などを記載する欄があります。

ハローワークを最大限に活用する

ハローワークは一般の求職者情報とは別に、「新卒応援ハローワーク」というカテゴリーを設けて、大学院から専門学校、高校などを卒業する学生や、卒業後未就職の方を対象にした就職相談の窓口を設けています。
未就職で学卒といってもだいたい35歳未満の方が対象となっていますが、就職活動の仕方がよく分からない、自己分析ができない、面接でうまく話せないなどの悩みにも親身に相談に乗ってくれてアドバイスしてくれます。
とっても心強いサービスですね。
具体的には、履歴書の書き方を指導してくれたり、面接の対策を行ってくれますし、就職活動に関する悩みも相談できます。
学校に就職相談室のような窓口がある方はそちらを利用できますが、ない場合はハローワークを上手に利用すれば就職活動に自信を持って臨めますね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る