人気企業で働く夢を捨てたくない方へ

目からうろこ!新卒派遣という選択

誰しもまず働くなら正社員を目指したいところですが、人気企業の求人は競争が激しく、なかなか希望の会社への就職が難しい場合があります。
そんな時は最初に派遣社員からスタートするという方法もあります。
新卒の学生が派遣社員として会社に勤務する事を新卒派遣と呼びます。
派遣社員になるためには、まず、派遣会社に登録し、派遣会社からひとしきりビジネスマナーや研修を受けます。
その後、希望にあった会社を紹介され、就業先へ派遣されることになります。
派遣社員なので、正社員に比べるとお給料は少ないかもしれませんが、メリットがたくさんあります。
まず、派遣社員だと大企業での就業もそれほど難しくないということです。
大企業はたいてい、自社の派遣会社を持っています。

狙え!派遣社員から大企業正社員への道

例えば、パナソニックならパナソニックエクセルスタッフという派遣会社を持っています。
三菱UFJフィナンシャルグループはMUCC(エム・ユー・コミュニケーションズ)という派遣会社を持っています。
大企業は、関連会社に自社の派遣会社を持っていることが多いので、どうしても入社したい企業があれば系列の派遣会社へ登録するというのもひとつの方法です。
派遣会社のお仕事の中には「紹介予定派遣」と呼ばれるものがありますが、これはある一定期間派遣社員として働いた後に、企業と本人が合意すれば派遣先の企業の正社員になれるというシステムです。

先に正社員からスタートした方と比べると、配属されるポジションやお給料に差があるかもしれませんが、長く働いていく中で実力を磨いていけば、評価はついてくると思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る